サンマのグローバル商品化のための高鮮度・高効率加工技術の開発

サンマのグローバル商品化のための高鮮度・高効率加工技術の開発

県名北海道
研究機関名北海道立釧路水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2008
概要目的:サンマを国際競争力のあるグローバル商品を開発するため、1回凍結スキンレスフィレの製造試験及び品質基準策定と冷凍すり身製造条件の確立及び品質解析を行う。、成果:(1)スキンレスフィレ100g中にはタウリン200mg、ヒスチジン800mg、IPA1%、DHA2%程度含まれていた。また、血合肉の重量割合は40%で、普通肉の3倍量の脂質が含まれていた。(2)フィレ歩留まりは高鮮度、大型魚ほど高く、加熱ドリップは鮮度低下に伴い増加した。(3)冷凍すり身製造の基本工程を確立した。また、塩化カルシウムによる加熱ゲル物性改善には、0.1%添加が適当であった。、
研究分担加工部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)サンマ血合肉の品質について
(2)サンマ肉の酸素ガスによる高鮮度維持技術の開発
(3)氷蔵中のサンマの血合肉と普通肉の性状において(短報)
(4)サンマ冷凍すり身より調製した加熱ゲルの物性におよぼすCaCl2の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030145392
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat