病害虫防除農薬開発1.主要病害に対する新農薬の防除効果

病害虫防除農薬開発1.主要病害に対する新農薬の防除効果

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター畑作園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S51〜
年度2008
概要目的:主要病害に対する新農薬の防除効果を検討する。、成果:防除効果が認められ、実用性ありと判定された農薬は、ヤマノイモ葉渋病に対するハチハチ乳剤、フロンサイドSC、カブ白さび病に対するハイハチ乳剤、ライメイフロアブル、ダイコン白さび病及びわっか症に対するハチハチ乳剤、ゴボウ黒あざ病に対するモンガリット粒剤、ネギべと病に対するALF-0711顆粒水和剤、BAF-0506フロアブル、NC-231顆粒水和剤、オキシラン水和剤、レーバスフロアブル、ネギ黒斑病及びさび病に対するALF-0711顆粒水和剤、ニンニク春腐病に対するDKF-0113ドライフロアブルであった。
研究分担病害虫防除室
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030145693
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat