、4 攻めの花き栽培体系化実証試験、3) 現地実証試験による経営モデルの策定、(3) 上北地域、(1) グラジオラスの9、10月出荷技術の確立、 ア品種比較、 、、 

、4 攻めの花き栽培体系化実証試験、3) 現地実証試験による経営モデルの策定、(3) 上北地域、(1) グラジオラスの9、10月出荷技術の確立、 ア品種比較、 、、 

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センターフラワーセンター21あおもり
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:グラジオラスはJA十和田おいらせ管内で生産拡大しており、市場評価も高いことから、中心作型の9〜10月出荷に適した品種を検討する。、成果:3カ年の結果から、うち2カ年有望とみられたのが「オーランド」「シャンソン」「シマロサ」「ソフィ」「ピンクレディー」「ファド」「マンハッタン」「ローランドクイーン」の8品種であった。
研究分担普及技術部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030145786
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat