クラブアップル等リンゴ受粉専用品種の選抜と利用法の確立

クラブアップル等リンゴ受粉専用品種の選抜と利用法の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜22
年度2008
概要【目的】リンゴ栽培において、一般に結実を安定させるため、異なる品種の混植しているが、この方法は農薬のドリフトが懸念される。農薬ドリフトの防止策である単一品種園化は結実安定技術が課題であり、これについて受粉専用品種を用いた新しい省力的な方法を検討する。、【予定成果】受粉専用品種の生態・生育特性を解明し、コンパクトな樹姿、高い交雑和合性など授粉専用品種として適する特性を持った品種を選抜するとともに、受粉専用品種について、定植後、短期間で受粉効果を発揮できる大苗育成技術、生産者が簡便に導入できる高接ぎ法、受粉樹を適正な樹勢に保つための生育調節技術を開発する
研究分担園芸研究室
予算区分県単
業績(1)リンゴ授粉専用品種のポット大苗移植後の生育と結実向上効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030146180
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat