肉用牛における経済形質とDNAマーカーとの連鎖解析

肉用牛における経済形質とDNAマーカーとの連鎖解析

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H07〜22
年度2008
概要【目的】肉行牛について、遺伝病の原因遺伝子特定などで効果をあげているDNA解析技術を、複数の遺伝子が関与している脂肪交雑などの量的形質にも応用するため、経済形質とDNAマーカーとの連鎖解析を行い、DNAマーカーアシスト選抜方法を開発するとともに、県内で問題となっている遺伝的不良形質の原因遺伝子を特定する、【予定成果】QTLによるマーカーアシスト選抜の実用化、遺伝的不良形質の原因遺伝子の特定と診断法の確立、
研究分担家畜育種研究室
予算区分県単
業績(1)QTL mapping of Japanese Black cattle using a family structure combining seven paternal half-sib families
(2)Fine-mapping of ATPP in Japanese Black cattle and search for candidate genes with microarray.
(3)同一種雄牛を始祖とする複数半兄弟家系のQTL解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030146231
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat