乾シイタケ原木栽培省力化技術の開発

乾シイタケ原木栽培省力化技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H12-22
年度2008
概要単位収量の増加、品質の向上、作業の省力化を図るため、作業方式や散水方式、人工ホダ場等を利用した栽培技術を開発する。
研究分担研究部
予算区分県単
業績(1)原木シイタケ栽培用簡易自動散水装置の開発
(2)県内乾しいたけ生産者が抱える問題点と技術センターの取り組み
(3)原木シイタケ栽培作業の省力化(IV)
(4)原木シイタケ栽培作業の省力化(V)〜植菌駒数の増減と発生量の傾向〜
(5)ハウス利用によるしいたけ早期ほだ化法の調査(1)−洋野町生産者の一事例・仮伏せ時の積算温度−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030146276
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat