遺伝子解析による品種識別と病害診断技術の開発

遺伝子解析による品種識別と病害診断技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜H20
年度2008
概要1)品種識別技術の開発、 宮城県で育種した園芸品種のブランド性維持と育成者権保護の立場より品種識別技術を開発する必要がある。、2)育種のためのDNAマーカーの開発、 育種を効率化するため,イチゴの四季成り性,ランナー発生数や病害抵抗性数等の重要形質に関連するDNAマーカー,ユリでは小球開花性,花色等の重要形質に関連するDNAマーカー,キクでは白さび病抵抗性に連鎖するDNAマーカーを開発する。、3)ウイルス病等診断技術の開発、 近年,県内においてウイルスによると思われるキュウリ産地での急性萎凋症状や,ソラマメ産地での茎葉えそ条斑症状が発生し,被害拡大が懸念される。また,キクではウイロイド注によるわい化病の発生が懸念される。そこで,これらの病害に対し,現地圃場レベルで対応可能な簡易診断技術と正確で感度の高い遺伝子診断技術を確立する。一方,平成15年度終了課題「花きのウイルス病防除技術の開発」において作出したCMV注外被タンパク質遺伝子導入シンテッポウユリ,および「ジーンサイレンシングを利用した高度ウイルス病抵抗性植物の作出」において作出した4種ウイルス(TSWV注,CMV2種,BBWV-2注)遺伝子導入トルコギキョウの抵抗性評価が未検討である。これらに対して,ウイルス抵ス抵抗性の程度および遺伝的安定性を形質転換後代について評価する。、(研究成果)、1)品種識別技術の開発、・ソラマメ,セリ,ダイズ,コムギ,オオムギの奨励品種を識別するDNAマーカーを開発した。、・農作物の原種生産・管理において,本課題で開発した品種識別技術を活用している。、2)育種のためのDNAマーカーの開発、・「イチゴの四季成り性を検定するDNAマーカー」を特許出願した(特開2006-042622)。、・イチゴにおいてDNAマーカーを利用した連鎖地図を作製し,イチゴうどんこ病抵抗性の量的形質遺伝子座に座乗するDNAマーカーを決定した。、・ユリの花色を決定する遺伝子座に連鎖するDNAマーカーと小球開花性に連鎖したDNAマーカーを開発した。、3)ウイルス病等診断技術の開発、・ソラマメえそ条斑症の病原ウイルスを単離し,全遺伝子の塩基配列を決定した。本病が土壌伝染性であり、ポモウイルス属の新規ウイルスであることが明らかとなった。また,ほ場で40分以内に結果が判明する遺伝子診断法(RT-LAMP法) を開発した。遺伝子診断法については普及に移す技術第84号の参考資料に提案し,目視診断が難しい発病初期の診断に役立てる。、、、、
研究分担バイオテクノロジー開発部
予算区分県単
業績(1)四季成り性イチゴのDNAマーカーを活用した選抜の現状と問題点
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030146317
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat