水稲種子の温湯消毒による発芽率への影響

水稲種子の温湯消毒による発芽率への影響

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:品種や温湯消毒の処理条件によって、水稲種子の発芽率にどの程度の影響があるかを再整理し、適正条件を設定する。水稲種子の備蓄状況(保存環境等)による発芽率に与える影響を調査し,適正な備蓄環境条件を明らかにする。、成果:当年産種子において,温湯浸漬60℃10分では「ヒメノモチ」「みやこがねもち」で,63℃5分では「ヒメノモチ」で発芽率が90%を下回る危険性が高い。備蓄後において,「ヒメノモチ」「蔵の華」は,温湯浸漬なしでも発芽率が低下する危険性が高い。標温備蓄(10℃・湿度80%)後の温湯浸漬により発芽率が低下する危険性が高い品種は,「みやこがねもち」「美山錦」「トヨニシキ」「たきたて」「もちむすめ」であり,60℃10分でより危険性が高い。、 低温備蓄(6℃・湿度65%)後の温湯浸漬60℃10分では「蔵の華」「美山錦」「みやこがねもち」で,63℃5分では「みやこがねもち」で発芽率低下の危険性が高い。、 種子を1年程度備蓄する場合,一般うるち品種では,標温(10℃・湿度80%)条件で実用上問題ないが,もち品種・酒米・低アミロース米・「トヨニシキ」は低温(6℃・湿度65%)条件の方が望ましい。また,これらの品種について,備蓄種子を使用する場合は,温湯浸漬は行わない方がよい。
研究分担水田利用部
予算区分県単
業績(1)種子プライミングによる水稲種子の温湯消毒時の耐熱性増強
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030146358
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat