水田内における斑点米発生機構の解明、 (1)斑点米の発生要因の解明、 (2)合成性フェロモントラップ誘殺推移と斑点米発生の関係解明

水田内における斑点米発生機構の解明、 (1)斑点米の発生要因の解明、 (2)合成性フェロモントラップ誘殺推移と斑点米発生の関係解明

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター農業環境研究部、研究企画部
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要 イネ登熟後期におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの加害の実態を明らかにし、本種の効率的な防除法の確立を目指す。、 山形県における斑点米カメムシ主要種のアカヒゲホソミドリカスミカメは、成虫が水稲に産卵し、そこからふ化した1齢幼虫は割れ籾となった玄米を吸汁することによって発育、羽化できる。、 水田内において、本種成虫は出穂期〜穂揃期頃に水田内に侵入し、イネの登熟に伴って割れ籾が発生すると本種幼虫の密度が高まる。また、割れ籾の発生が多い水田は、少ない水田と比べて本種幼虫の密度が高まりやすい。、 水田内で発生する本種幼虫をネオニコチノイド剤で防除する場合、穂揃期散布に比べ穂揃期7〜10日後散布の効果が高い。
研究分担環境技術開発科
予算区分受託
業績(1)水稲割れ籾の発生数と登熟段階がアカヒゲホソミドリカスミカメ幼虫の発育に及ぼす影響
(2)水田内における水稲割れ籾の発生量がアカヒゲホソミドリカスミカメ幼虫発生に与える影響
(3)水田内のアカヒゲホソミドリカスミカメ幼虫の発生に関与する要因
(4)山形県におけるアカヒゲホソミドリカスミカメのMEPに対する薬剤感受性
(5)水田内のアカヒゲホソミドリカスミカメ発生推移と防除適期
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030146660
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat