ヒラメ人工種苗放流効果向上技術の確立

ヒラメ人工種苗放流効果向上技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S57〜H22
年度2008
概要目的:放流効果増大の技術開発及び資源の有効利用方法の開発を図る。 、成果:人工種苗の回収率と漁獲実態を明らかにした。平成20年度天然発生状況は平年より多いこと及び成長が遅れると推測した。人工種苗の種苗性試験を実施したが、捕食事例を確認できなかった。
研究分担栽培漁業部
予算区分県単
業績(1)ヒラメ人工種苗放流効果向上技術の確立
(2)ヒラメの分布構造
(3)ヒラメの栽培漁業
(4)ヒラメ天然魚の体色異常
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030146960
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat