(6)中核的な担い手確保育成のための支援システムの開発(1)地域水田農業担い手確保手法の解明ア.水田農業担い手の類型化と現地調査

(6)中核的な担い手確保育成のための支援システムの開発(1)地域水田農業担い手確保手法の解明ア.水田農業担い手の類型化と現地調査

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:センサスの集落ごとに提供される農家調査一覧の項目から労働力・土地・主要機械等を指標として、担い手の特徴を基準とした集落の分類方法を明らかにする。また、営農集団およびその集落を対象に担い手等の実態調査を行い分類方法を確認する。 成果:集落の分類方法に基づき、センサス集落カードデータベースを整理分析し、マッピングするシステム開発した。また、集落の実態調査を行い検証を行った。
研究分担経営管理研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030147265
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat