乳牛の行動モニタリングによる省力管理技術の開発

乳牛の行動モニタリングによる省力管理技術の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要放し飼い式牛舎(フリーストール、フリーバーン)における乳牛の活動量の変化と分娩時期、発情行動および疾病発生との関係を明らかにするため、活動量計(牛歩)を装着し行動観察を行った。、 その結果、活動量の変化から発情発見率が向上し、発情観察に要する時間が短縮できることを明らかにした。活動量と分娩時期、疾病発生との関係は明らかではなかった。なお、今後も活動量計を用いた発情観察を実施し、受胎率向上につながる授精適期の検討を行っていく。
研究分担大家畜研究係
予算区分県単、
業績(1)TMRおよび分離給与が黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030147529
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat