新たな飼料原料を活用した肉牛用発酵TMR飼料の開発

新たな飼料原料を活用した肉牛用発酵TMR飼料の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20
年度2008
概要 米国ではトウモロコシ蒸留かす(DDGS)生産量が増加し、わが国でも新たな飼料原料として期待されている。そこで、DDGSを飼料原料として最大限活用し、さらに、ビール粕等の製造副産物も有効活用した、肉牛育成用発酵TMRの開発を目的に、発酵TMRの品質調査、嗜好試験、育成牛への給与試験を実施した。、 その結果、DDGSを飼料中に最大40%混合しても品質良好な発酵TMRを調製できることを確認し、DDGSはトウモロコシ、大豆粕等の代替飼料として活用できることが示唆された。
研究分担大家畜研究係
予算区分県単
業績(1)養豚用飼料のエキスパンド処理とフィターゼ添加によるふん量とリン排せつ量の低減
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030147533
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat