3.園芸作物等の栽培技術に関する研究開発、(8)特産野菜の高品質生産技術の開発、(ウ)主要野菜の高品質安定生産技術の開発

3.園芸作物等の栽培技術に関する研究開発、(8)特産野菜の高品質生産技術の開発、(ウ)主要野菜の高品質安定生産技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2008
概要目的:タマネギでは10aあたり収量を維持しながらL規格中心の収穫ができる栽培法を確立する。イチゴでは新たな「加圧脱水式乾燥土」の特性を解明し、イチゴの育苗培土への利用方法を確立する。、計画:(1)L規格中心栽培に向けたタマネギ栽培法の検討、(2)加圧脱水式乾燥土(相模原)を用いたイチゴ育苗培土の検討、期待される成果:L規格生産多州栽培技術の確立。加圧脱水式乾燥土を用いたイチゴ育苗技術の確率。
研究分担野菜作物研究部
予算区分県単
業績(1)加圧脱水処理法により製造される浄水場ケーキがイチゴの育苗と収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030148231
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat