11.県民ニーズに対応した農薬や化学肥料の使用を抑えた栽培技術の確立、(5)低濃度エタノールを用いた新規土壌消毒技術の開発

11.県民ニーズに対応した農薬や化学肥料の使用を抑えた栽培技術の確立、(5)低濃度エタノールを用いた新規土壌消毒技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜23
年度2008
概要目的:低濃度エタノールを利用することで、熱水処理等の加温による土壌消毒と土壌還元消毒を組み合わせ、同時に効果を発揮させる技術を開発し、薬剤の殺虫殺菌効果に依存しない、低コストで防除効果の高い土壌消毒技術を確立する。、計画:(1)太陽熱代替熱源と組み合わせた低濃度エタノール利用技術の開発、(2)低濃度エタノールを利用した土壌還元消毒安定化技術の開発、期待される成果:低濃度エタノールと熱水処理及びヒートパイプ加熱手法を組み合わせることによる、低コストで、より効果的な土壌消毒技術を開発する。低濃度エタノールの利用により、土壌還元消毒法の除草効果の安定的発揮や所要水量の削減を実現する技術を開発する。
研究分担野菜作物研究部、農業環境研究部
予算区分受託
業績(1)熱水土壌消毒時における熱・水・溶質移動の測定
(2)熱水処理量がホウレンソウの生育及び収量に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030148267
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat