にいがた発園芸作物の有利販売とブランド力強化を支援する戦略的アイテム化技術の開発

にいがた発園芸作物の有利販売とブランド力強化を支援する戦略的アイテム化技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜20
年度2008
概要目的:にいがた「米・園芸」の故郷づくり運動第2ステージを推進するため、県ブランド品目の有利販売とブランド力強化による生産体制強を図るための緊急的な技術開発を進め、運動の早期目標達成に向けた支援を行う。、内容:(1)イチゴ「越後姫」循環式高設栽培システム等の確立、 (2)アスパラガスの生産力向上と産地間連携を視野に入れた長期市場安定出荷、 (3)小玉スイカの販売力強化に向けた品質向上・安定生産技術の開発、 (4)ブドウ大粒系有望品種の作型別適正技術の確立による生産拡大とブランド力の強化、期待される効果:(1)地域実態に応じた園芸重点品目の新アイテム化技術の開発、確立により、販売力・ブランド力が強化される。(2)新アイテム化技術の開発、確立により、ブランド品目の生産拡大の加速させることが可能。、得られた成果:H21成果情報(1)「小玉すいか中型トンネル改良整枝栽培におけるつる間隔と仕立て本数」(2)「アスパラガスは半促成作型の株齢に応じた立茎開始時期」(3)「ぶどう「シャインマスカット」種なし栽培の花穂整形と着粒安定技術」(4)「ぶどう「シャインマスカット」の有核栽培における収穫期予測法」、成果の受け渡し先:県内指導機関等、残された問題点:残された課題を含め試験研究を継続(新規課題) 
研究分担栽培・施設科
予算区分県単特研
業績(1)ブドウ「シャインマスカット」における母枝形質の違いが異常花穂の発生に及ぼす影響
(2)パイプハウス外張り被覆の空気膜化が施設内温度とチューリップ切り花栽培に及ぼす影響
(3)小玉スイカトンネル作型の改良整枝栽培における株間・仕立て本数および台木の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030148459
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat