北陸の気象・重粘土壌条件下での高商品性省力果樹栽培技術の開発

北陸の気象・重粘土壌条件下での高商品性省力果樹栽培技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2008
概要目的:北陸地方特有の気象条件及び重粘土の水田土壌条件下でも高商品性生産が可能となる果樹栽培技術を開発する。、内容:(1)不良土壌条件下でのセイヨウナシ優良台木利用技術の確立、 (2)水田転換畑でのセイヨウナシ商品性向上技術の開発、 (3)水稲育苗ハウスを利用したブドウの新樹形の開発、期待される成果:不利な気象条件、土壌条件下でも高商品性果樹の生産が可能となり、水田転換畑の活用が推進されるとともに経営の安定化に寄与する。、得られた成果:(1)セイヨウナシ「ルレクチエ」の外観不良の分類と対策、カラーチャートの作成及び生育、果実品質に及ぼす台木の影響を明らかにした。(2)水稲育苗ハウスを利用したブドウのアーチ栽培技術を確立した。(3)H21活用技術「自然分解性ポットを用いた西洋なし「ル レクチエ」の苗木生産と定植方法、成果の受け渡し先:県内指導機関等、残された問題点:継続して現地実証を実施
研究分担栽培・施設科、育種科
予算区分公募
業績(1)セイヨウナシ「ル レクチエ」の台木が果実品質に及ぼす影響(第2報) マメナシ台木とニホンヤマナシ台木の根群の比較
(2)不織布ポットの形状と定植方法がセイヨウナシ「ル レクチエ」の苗木生育に及ぼす影響
(3)不織布ポットと苗木の種類がカキ「平核無」の樹体生育、果実収量、品質に及ぼす影響
(4)水稲育苗ハウスを利用したブドウのアーチ栽培技術
(5)セイヨウナシ「ル レクチエ」の果実外観評価チャートの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030148465
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat