「にいがた地鶏」の生産性向上

「にいがた地鶏」の生産性向上

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所畜産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継19〜23
年度2008
概要平成16年から本格的に現地生産が始まった「にいがた地鶏」は、中山間地域を中心に生産量が年々増加している。しかし、在来種100%の組み合わせにより作出された地鶏のため、高品質であるが発育が遅く体重のバラツキも大きい。このため出荷時に廃棄および規格外となるものが1割程度発生している。また、出荷までの日数が長く飼料要求率も高いため生産コストの増加の要因となっている。今後、安定的に「にいがた地鶏」の生産拡大を進めるためには、高品質の特性を維持したまま増体量の向上・出荷体重の均一化を図るとともに、中山間地域における「にいがた地鶏」導入の経営評価を行う必要がある。、◎ 種鶏の選抜による「にいがた地鶏」の生産性向上、 地鶏母方種鶏である横班プリマスロックの88系統は産卵成績および飼料要求率はXS系統、88×XS交雑には劣るが、増体および平飼いでの受精率、ふ化率が良かった。また、地鶏の生産性向上のため、種鶏(蜀鶏、名古屋、横斑プリマスロック)の体重による選抜を実施した。、◎生産性向上による肉質への影響(時田)、 88系統の地鶏は、増体が良く体重のバラツキも比較的少ない傾向にある。また、飼料要求率も低く抑えられ、従来の地鶏より飼育効率が高いことが示された。、
研究分担養豚養鶏
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030148478
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat