沿岸漁業現場対応型技術導入調査検討事業(サヨリ曳き単船操業化試験)

沿岸漁業現場対応型技術導入調査検討事業(サヨリ曳き単船操業化試験)

県名石川県
研究機関名石川県水産総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜H21
年度2008
概要目的:本県の重要な水産資源の一つであるサヨリのほとんどが、燃料代や人件費のかかる二艘表層船びき網で漁獲されているため、単船操業の実用化を図る。、成果:オッターボートを片側のみに取り付けて曳網するサイドトーイング方式を参考に、網や曳網索の長さ、曳網方法等について改良を加えた。
研究分担海洋資源部
予算区分指定
業績(1)サヨリ二艘曳き漁業の単船操業実用化(内湾性漁場)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030148927
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat