イネ・ムギ・ダイズ等普通作物の栽培に関する素材開発研究、(5)水稲の雑草防除技術の開発

イネ・ムギ・ダイズ等普通作物の栽培に関する素材開発研究、(5)水稲の雑草防除技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県農事試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2008
概要目的:環境保全のための減農薬による雑草防除技術及び難防除雑草に関する防除法の確立を図る。また、県内で問題となっている雑草イネの防除技術を検討する。、成果:トラクター等作業機により難防除雑草の伝播が認められた。埋土化された雑草イネの種子の生存年数がほぼ明らかになったことから、直播から移植転換または畑転換2〜3年を組み入れることが有効と考えられた。、 ほ場内で越冬させた赤米の生存能力は、年次変動が大きく、県内の地域差は判定できなかったが、翌春の発芽率は60%以上と高かった。、 戸外で埋土越冬させた赤米種子は、4/20湛水では12日後に発芽率が90%を超えた。無湛水条件下では、積算地温180℃程度で発芽率90%に達した。、 栽培イネと雑草性赤米の交雑について検定したところ、雑草性赤米とコシヒカリは交雑して発芽能力のある種子を生産することを確認した。
研究分担作物部
予算区分都道府県単
業績(1)小麦連作圃場の問題雑草ヒメアマナズナの発生動態
(2)長野県に発生した雑草イネ(雑草性赤米)における難防除特性の解析及び総合的防除システム構築への方向性
(3)長野県における湿田栽培に適した新規水田転換作物の選定とその栽培法 第2報 マコモの栽培特性について
(4)長野県で発生した雑草イネ(トウコン)における脱粒性の推移と脱粒籾の発芽能力
(5)長野県佐久市における但馬型オオアカウキクサ(Azolla japonica)を用いた水稲の有機栽培事例
(6)長野県で発生した雑草イネ(トウコン)の低温発芽性および越冬種子の出芽動態
(7)長野県における湿田栽培に適した新規水田転換作物の選定とその栽培法 第3報 タイモの栽培特性について
(8)水稲有機栽培における耕種的雑草防除技術
(9)長野県における飼料イネの省力的生産技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149198
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat