野菜の栽培に関する素材開発研究、(2)軽量野菜の品種特性解明と栽培技術の確立

野菜の栽培に関する素材開発研究、(2)軽量野菜の品種特性解明と栽培技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2008
概要目的:アスパラガスの多収技術を確立するとともに優良品種を育成する。カラーピーマンの安定生産技術を確立する。、成果:湛水による生育抑制の影響が大きかった。アレロパシーはそれを助長した。湛水終了後の生育に、品種間差があった。カラーピーマンの段飛びによる減収は定植時期をずらすことで安定化した。ひも誘因よりネット誘因が省力であった。2本仕立てが増収傾向であった
研究分担野菜部
予算区分都道府県単
業績(1)豆類のアレロパシー評価法の検討
(2)寒冷地における新規導入カラーピーマン(Capsicum annuum L.)の特性
(3)アスパラガス(Asparagus officinalis L.)における株養成の違いが収量,品質,生育に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149276
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat