畑作物の栽培技術に関する素材開発研究

畑作物の栽培技術に関する素材開発研究

県名長野県
研究機関名長野県中信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2008
概要目的:セルリー栽培において、定植直後からの遮光処理が萎黄病の発病度に与える影響を調査する。、成果:「コーネル619」は、定植直後から黄化したため生育が劣り、大幅に減収した。定植直後からの遮光は、発病度を低下させる効果が認められ、特に現地系統で効果が大きかった。遮光することにより、平均地温が約1℃低く推移した。地温の高まる13時から17時の地温差が大きく、最高地温を低下させる効果が高かった。、
研究分担畑作栽培部
予算区分都道府県単
業績(1)改良スマート仕立てによるブドウ果実生産特性の解明
(2)ブドウ‘ナガノパープル’‘ピオーネ’における整房省略法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149401
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat