病害虫及び土壌肥料に関する素材開発研究、(2)有用昆虫の保護、増殖技術に関する試験、 2)施設果菜類における土着天敵類の防除効果の実証

病害虫及び土壌肥料に関する素材開発研究、(2)有用昆虫の保護、増殖技術に関する試験、 2)施設果菜類における土着天敵類の防除効果の実証

県名長野県
研究機関名長野県南信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2008
概要目的:土着天敵・天敵資材を用いたパプリカ及びイチゴのアザミウマ類の防除方法を検討する。、成果:パプリカにおいて薬剤を制限し、天敵利用(アブラムシ類に対してアフィパール、ハダニ類に対してミヤコカブリダニ及びチリカブリダニ、アザミウマに対してククメリスカブリダニ)の効果を確認した。また殺虫時を制限したことにより土着のハナカメムシ類の発生が見られアザミウマ類の防除効果が高まった。
研究分担病害虫土壌肥料部
予算区分県単
業績(1)ナシ白紋羽病に対するフルアジナム水和剤処理の長期的な評価
(2)枝挿入法による白紋羽病の簡易診断
(3)「幸水」における黒星病感染予測に基づいた防除体系の設定と主要病害に対する効果
(4)ニホンナシ‘南水’,に対する有機質肥料の連用効果(第2報)
(5)土壌水分の推移と日本ナシの収量及び果実品質
(6)ケイ酸質資材の施用がイチゴうどんこ病の発生量に及ぼす影響
(7)Alternaria alstroemeriae E.G. Simmons & C.F. Hillによるアルストロメリア黒斑病(新称)
(8)日本産ナシマダラメイガの発生予察用性誘引剤
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149457
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat