病害虫及び土壌肥料に関する素材開発研究、(5)カキ園に対する効率的施肥法の確立

病害虫及び土壌肥料に関する素材開発研究、(5)カキ園に対する効率的施肥法の確立

県名長野県
研究機関名長野県南信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2008
概要目的:伊那谷の地域特産品である「市田柿」に対し、窒素施肥の時期や配分が生育・収量・品質及び養分吸収に及ぼす影響を検討し、高品質・安定生産に資するとともに環境保全型施肥管理技術を確立する。初めに窒素追肥時期の違いおよび基肥と追肥の施肥配分の違いが果実収量、品質及び樹体生育へ及ぼす影響を検討する。次に環境負荷軽減を考慮した施肥管理技術を組み立て、圃場における窒素収支(投入量−搬出量)を把握するため「市田柿」成木園における窒素収支を調査する。また、土壌改良と局所施肥法を用いた効率的施肥法が樹体生育、果実収量・品質および環境へ及ぼす影響を検討する。、成果:「市田柿」成木樹において、年間施肥窒素量を25kg/10aとし、追肥分の10ka/10aを6月(6月追肥区)または8月(8月追肥区)に施用、連用試験を実施中。6月追肥区では8〜9月の果実肥大が8月追肥区より優ったが、収穫期には差はなく樹別収量、1果重に差はなかった。また、果皮及び果肉の窒素濃度に差はなかった。平成13年度より場内圃場「市田柿」4樹の果実、せん定枝および落葉の窒素量を測定し、収支を計算した。平成20年度の果実による圃場からの窒素持ち出し量は6.4kg/10aと多く、平成17年度と同等であった。他の年次は3.6〜4.6kg/10aであり、2〜3年間隔での変動の傾向が明瞭であった。現地の慣行施肥区を対照として、圧縮空気噴射による土壌改良と局所施肥を組み合わせた30%減肥区および50%減肥区を3年間継続。平成20年度は減肥区において、果実硬度が高まり、貯蔵後の軟化発生が穏やかであった。
研究分担病害虫土壌肥料部
予算区分県単
業績(1)ナシ白紋羽病に対するフルアジナム水和剤処理の長期的な評価
(2)枝挿入法による白紋羽病の簡易診断
(3)「幸水」における黒星病感染予測に基づいた防除体系の設定と主要病害に対する効果
(4)ニホンナシ‘南水’,に対する有機質肥料の連用効果(第2報)
(5)土壌水分の推移と日本ナシの収量及び果実品質
(6)ケイ酸質資材の施用がイチゴうどんこ病の発生量に及ぼす影響
(7)Alternaria alstroemeriae E.G. Simmons & C.F. Hillによるアルストロメリア黒斑病(新称)
(8)日本産ナシマダラメイガの発生予察用性誘引剤
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149460
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat