カラマツ間伐材を主とする土木用構造物・木橋等への利用技術の開発

カラマツ間伐材を主とする土木用構造物・木橋等への利用技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間H16-20
年度2008
概要カラマツを中心とした間伐材は、毎年1万m3前後が公共土木事業に使用されているが、県では今後さらに3倍増を目指している。土木用途についての調査はまだ始めたばかりで、十分なデータが揃っていない。そこで、本課題では丸太積工等の森林土木用構造物・木橋を主たる対象として、各種部材の基礎データの収集、既存構造物の調査と点検・管理技術の検討、環境等を意識した新たな仕様の開発を行なう。既存構造物の調査等においては、地方事務所等の協力を得て実施する。
研究分担木材部
予算区分都道府県単
業績(1)地域の産学官連携による間伐材の屋外新用途の開発と普及
(2)カラマツ材の人工乾燥と新用途開発への取組み
(3)木製道路施設の耐久設計・維持管理指針策定のための技術開発−長野県における木製道路施設の調査(4)−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149506
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat