チャ害虫マダラカサハラハムシの発生生態の解明

チャ害虫マダラカサハラハムシの発生生態の解明

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所茶業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18-20
年度2008
概要目的:マダラカサハラハムシによる被害が、近年県内の一部地域や他県で報告されている。しかし、生態に不明な点が多く、有効な防除手段を検討する資料が少ない。そこで、加害時期などの発生生態を解明し、有効な防除対策を検討する上での基礎資料とする。、成果:茶園内のマラダカサハラハムシによる被害は局部的であった。茶園内において、マラダカサハラハムシの孵化直後の幼虫を確認したことから、成虫は茶園内で産卵していると考えられた。、
研究分担生産環境(病害虫)
予算区分国庫委託
業績(1)チャの環境保全型防除
(2)静岡県の茶園におけるクワシロカイガラムシの土着天敵類の発生実態 第1報 天敵の種類および寄生性天敵の種構成
(3)静岡県の茶園におけるクワシロカイガラムシの土着天敵類の発生実態 第2報 天敵類の発生消長と寄主−寄生者間の相互作用
(4)ピリプロキシフェン剤のチャ寄生クワシロカイガラムシに対する防除効果と天敵類に対する影響I.茶園のクワシロカイガラムシに対する防除効果
(5)ピリプロキシフェン剤のチャ寄生クワシロカイガラムシに対する防除効果と天敵類に対する影響 II.クワシロカイガラムシの土着天敵に対する影響
(6)茶園におけるクワシロカイガラムシの土着天敵類の発生実態
(7)交信攪乱剤を基幹とした減農薬防除体系におけるクワシロカイガラムシと土着天敵類の発生動態
(8)減農薬茶園におけるクワシロカイガラムシと寄生蜂群集との相互関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149852
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat