医療用実験に適した極小ミニ豚の開発

医療用実験に適した極小ミニ豚の開発

県名静岡県
研究機関名静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2008
概要目的:突然変異で誕生したと思われるミニ豚とGFP遺伝子導入金華豚などを素材とし、体細胞クローン技術、遺伝子解析技術、SPF化技術を活用し、実験用極小ミニ豚を開発する。、成果:極小ミニ豚(55頭)およびGFP導入金華豚(22頭)のSLA型の解析をおこなった。その結果、極小ミニ豚には9種類、GFP金華豚には8種類のSLAハプロタイプが存在することが分かった。
研究分担プロジェクトスタッフ
予算区分県単
業績(1)医療用実験に適した極小ミニ豚の開発
(2)GFPトランスジェニックブタの臭上皮について
(3)GFP金華豚の発育と繁殖能力
(4)アジア系ミニブタの体尺測定値と特長について
(5)医療用実験に適した極小ミニ豚の開発
(6)GFP遺伝子導入体細胞金華豚の特性調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149902
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat