スギ・ヒノキ中・大径材の原木や中・大径材の原木や製材品等の材質や強度特性をによるCO2長期製材品等の材質や郷土特性をによるCO2長期固定型住宅部材への活用技術の検討

スギ・ヒノキ中・大径材の原木や中・大径材の原木や製材品等の材質や強度特性をによるCO2長期製材品等の材質や郷土特性をによるCO2長期固定型住宅部材への活用技術の検討

県名静岡県
研究機関名静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2008
概要目的:県産スギ・ヒノキ中・大径材の原木や製材品等の材質や強度特性を解明すると共に、長期耐用型住宅用の新たな建築部材としての利用手法を確立する。
研究分担利用開発
予算区分県単
業績(1)スギ、ヒノキの若齢級におけるヤング率の個体差間と樹幹放射方向におけるヤング率変動
(2)Strength Properties、of Glued Built−up Timer Beams made from、Large Square Timbers、of Japanese Conifer
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030149934
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat