カワウによる森林被害の実態と生息地管理に関する研究

カワウによる森林被害の実態と生息地管理に関する研究

県名愛知県
研究機関名愛知県森林・林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19-21
年度2008
概要愛知県ではカワウの個体数の増加に伴い、多くのコロニーやねぐらが形成され樹木等への被害が拡大している。そこで、コロニー・ねぐらにおいて被害実態を明らかにし、生息地における管理手法を確立する。
研究分担森林機能グループ
予算区分受託
業績(1)カワウによる森林被害の実態と生息地管理に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150174
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat