果菜類における新規コナジラミ(バイオタイプQ)等防除技術の開発

果菜類における新規コナジラミ(バイオタイプQ)等防除技術の開発

県名三重県
研究機関名三重県農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要トマト栽培では、タバココナジラミがトマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)を媒介することから九州、中国四国地方を中心に大きな問題となっている。さらにトマト黄化葉巻病を媒介する新たなコナジラミ(タバココナジラミのバイオタイプQ)が我が国に侵入し、九州を中心に分布を拡大している。バイオタイプQは薬剤抵抗性が強く、生産現場において防除が困難な状況となっている。そこでバイオタイプQの簡易識別法の開発、有効薬剤の探索、在来天敵等による生物的防除法等を確立する。
研究分担循環機能開発、園芸
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)タバココナジラミ防除を目的とした栽培終了後の施設密閉処理におけるトマト抜き取り時期の重要性
(2)タバココナジラミ防除を目的としたトマト栽培終了後の施設密閉処理におけるトマト抜き取り時期の重要性
(3)タバココナジラミバイオタイプQの加害によるトマトの着色異常果の発生
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150271
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat