次世代真珠養殖技術とスーパーアコヤ貝の開発・実用化研究事業費

次世代真珠養殖技術とスーパーアコヤ貝の開発・実用化研究事業費

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H19〜21
年度2008
概要【目的】三重県が中核機関となり、三重県内真珠漁協研究会と三重大、三重県水産振興事業団等6研究機関が連携し、耐病性に優れ、高真珠形成能力のあるスーパーアコヤ貝の作出と革新的養殖技術により、花珠(はなだま)等高品質真珠を高効率に生産する次世代真珠養殖システムを開発・実用化する。 【成果の概要】 ●耐病性に優れるアコヤガイの作出にかかる指標として、閉殻力の強い個体を親貝として種苗(耐病性試作品)を生産した。また,真珠品質、脱核率、へい死率は、アコヤガイの養生期間中の水質(塩分)による影響を受けることを明らかにした。 ●養生期間中の脱核およびへい死率は、その間の水質(塩分)の影響を受けることを明らかにした。挿核後に低比重で飼育すると真珠品質が向上することを明らかにした。
研究分担水産資源育成研究課
予算区分受託(独法)
業績(1)Effects of cryopreservation on sperm structure in Japanese pearl oyster Pinctada fucata martensii.
(2)日本産アコヤガイ Pinctada fucata martensiiにおける閉殻力の遺伝.
(3)凍結保存精子を用いて生産したアコヤガイの飼育特性および生理状態.
(4)仕立て・養生期間中の飼育海水比重が歩留まりと真珠品質に与える影響-I
(5)アコヤガイの人工授精における媒精時間の違いが受精率および幼生の成長に及ぼす影響.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150319
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat