地域活性化に向けた植物遺伝資源の収集・保存・活用技術の開発と普及

地域活性化に向けた植物遺伝資源の収集・保存・活用技術の開発と普及

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S63〜
年度2008
概要目的:本県産米や作物のDNA分析による品種判別技術の実用化を図る。また、地域特産品目や稀少植物等の組織培養による種苗の増殖法を開発する。開発技術は農業関係者に技術指導する。、成果:(1)「滋賀糯68号」の品種判別は、民間企業や(独)農業生物資源研究所と共同で遺伝子分析やデンプン構造に着目し検討した結果、デンプン構造やDNAの違いを発見した。また、県内の大豆奨励品種(エンレイ、オオツル、タマホマレ、フクユタカ、ことゆたか)の種子や生葉のDNAを分析し、品種を判別する技術を確立した。、(2)ササユリ、山ブキ、スパティフィラム、サワラン、洋ランについて農業関係者や環境保護団体に組織培養技術の習得支援を行い、種苗の大量増殖を行った。
研究分担先端技術開発部・研究推進担当(生物工学分野)
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150346
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat