こだわって育てるおいしい近江牛づくり推進(農産副産物を活用した飼料による肉質向上技術の確立 1)〜飼料給与形態に係る検討(加湯配合飼料の検討)〜

こだわって育てるおいしい近江牛づくり推進(農産副産物を活用した飼料による肉質向上技術の確立 1)〜飼料給与形態に係る検討(加湯配合飼料の検討)〜

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間完2006〜2008
年度2008
概要全国各地に地域の新興ブランド牛が台頭し、多くは主として輸入飼料を給与され効率的で画一的に生産されているため、ブランド間における牛肉の特徴が不明瞭となっている。特産「近江牛」は、過去の名声に驕ることなく特徴を明確にし、ブランド力を高め優位性を維持発展させることが肝要である。また、近年のバイオエタノール問題、近隣諸国の穀物消費増加、異常気象などによる世界的な穀物価格の高騰から、飼料自給率の向上対策が急務となっている。本試験では、県(国)産農産副産物を吟味し素材として活用した飼料について、その給与形態が生産性や肉質および食味性に及ぼす影響について検討する。
研究分担大家畜生産技術担当
予算区分県単
業績(1)旧来を模した配合飼料の加水給与が黒毛和種雌牛肥育における生産性および肉質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150380
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat