ホエー代用乳を用いた近畿産ブランド和牛の哺乳期発育改善

ホエー代用乳を用いた近畿産ブランド和牛の哺乳期発育改善

県名滋賀県
研究機関名滋賀県畜産技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間継2007〜2009
年度2008
概要本内では、子牛の生産から肥育出荷まで一貫して行う農家が増加しつつあるが、肥育素牛の生産地の素牛と同月齢で比較すると、体格が小さいことが問題となっている。 そこで、保育期の骨格の発育を促進することにより、育成期の体高・体重の適切な増加を促し、健康で順調な発育が確保できる黒毛和種子牛の代用乳給与法を確立する。平成19年度は、和牛の生産基盤安定化のため、和牛子牛の人工ほ乳における発育改善と損耗防止を目的とし、チーズの製造副産物であるホエーを主原料とする新しい代用乳を開発するため、粗タンパク質水準の検討を行った。
研究分担大家畜生産技術担当
予算区分受託
業績(1)ホエー代用乳による近畿産ブランド和牛のほ乳期発育改善
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150384
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat