青枯病に強い伏見とうがらし新品種の育成

青枯病に強い伏見とうがらし新品種の育成

県名京都府
研究機関名京都府農業資源研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜24
年度2008
概要目的:京野菜の伏見とうがらしは青枯病抵抗性とされてきたが、近年被害が発生し、病原性の高い菌株が確認されている。一方、青枯病抵抗性の遺伝は複雑で育種が困難である。そこで、DNAマーカーを併用した抵抗性品種を育成することで、トウガラシの収量、品質の向上を図る。、内容:青枯病抵抗性解析集団の中から果型がくさび型で果実品質が抵抗性親より優れた青枯病抵抗性系統「A-002」を選抜した。この系統と「伏見とうがらし」を交配してF2を採種した。
研究分担応用研究
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150432
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat