特別栽培米の生産拡大に向けた生育・品質の安定化 、

特別栽培米の生産拡大に向けた生育・品質の安定化 、

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2008
概要目的:有機質肥料の肥効特性を明らかにし、収量・品質を確保するうえで効率的な施肥法を確立する。、成果:セラコートR066E及び有機アグレット666を供試し、生育・収量を慣行施肥と比較した。両肥料は、慣行施肥と比較して、生育初期の肥効が緩慢であるが、登熟期の肥効には差が認められず、収量、品質共に、慣行施肥並もしくはそれ以上が期待出来るものと考えられた。また、セラコートR066Eは、5月上旬〜6月中旬植の異なる作期で使用しても、実用上問題ないものと考えられた。、
研究分担作物部
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150444
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat