黒大豆の省力安定生産のための夏季水管理技術の確立

黒大豆の省力安定生産のための夏季水管理技術の確立

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜21
年度2008
概要目的:黒大豆の結莢不良を改善し、安定した品質・収量が得られる夏季〜秋季の潅水技術を確立する。、成果:着莢数に影響を及ぼす要潅水点は、開花期、莢伸長期とも簡易土壌水分計の指示値で40cmと80cmの間と考えられた。ほ場試験では、8月下旬〜9月中旬の曇雨天の影響で土壌の乾燥が進まず、要潅水点を明らかにできなかった。ドレンベッド試験における潅水前の土壌の体積含水率とほ場試験における体積含水率の比較からほ場における要潅水点を暫定的に80cmと判断した。、
研究分担作物部
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150445
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat