京都の農村景観にマッチした景観花き品目の提案と実証

京都の農村景観にマッチした景観花き品目の提案と実証

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2008
概要目的:これまで、水田およびその周辺の管理は省力化を主目的に取り組まれてきたが、花き品目の植栽による景観に考慮した技術開発を行う。、成果:畦畝にナデシコ類の導入について検討した。定植後の管理及び生育を考えた場合、気温の上昇しない3月以前に定植し、植え付け場所としては水の供給がある水田の畦畔が望ましいと考えられる。センチピートグラスによる省力的な畦畔管理の方法を検討した。定植後の管理及び生育を考えた場合気温の上昇しない3月以前に定植する必要があると考えられる。、
研究分担花き部
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150460
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat