施設トウガラシ類におけるハダニ類防除のための補食性天敵バンカー法の開発

施設トウガラシ類におけるハダニ類防除のための補食性天敵バンカー法の開発

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜23
年度2008
概要目的:施設トウガラシにおいて、ハダニ類の捕食性天敵であるミヤコカブリダニを安定的に供給できるバンカー法を用いてハダニ類の天敵利用技術を確立する。、成果:(1)稲わら、麦わら、もみ殻をバンカーとした場合、代替餌のコナダニ類はもみ殻で最も多く発生した。、(2)ミヤコカブリダニと各種バンカーの組合せによるハダニ類の防除効果はもみ殻バンカーが最も有望と考えられた。
研究分担環境
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150472
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat