漁場環境に関する研究、(3)地球温暖化による沿岸漁場環境への影響評価・適応策検討調査

漁場環境に関する研究、(3)地球温暖化による沿岸漁場環境への影響評価・適応策検討調査

県名京都府
研究機関名京都府立海洋センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H20〜22
年度2008
概要○目的 地球温暖化が京都府沿岸海域の海洋環境および生態系に及ぼす影響を評価するためのモニタリングシステムを構築する。、○計画 定置網漁場周辺海域および内湾海域での水温・流動のリアルタイム観測を行うとともに、養殖種の成長・生残および藻場の面積・組成等の調査を行う。、○期待される効果 地球温暖化が京都府に及ぼす種々の影響について評価を行い、ほぼリアルタイムで漁業者へデータを還元できる。、○得られた成果 府沿岸6カ所において、自動観測ブイ等を設置して水温等のモニタリングを行った。また、水温や漁場環境の変化が水産生物等に及ぼす影響を的確に評価するため、養殖トリガイの成長・生残データや定置漁獲量等のデータを収集整理した。、○残された問題点 観測海域の拡大によるモニタリング精度の向上と情報発信システムの構築 
研究分担海洋調査部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150533
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat