トマトサビダニの土着天敵トマトツメナシコハリダニの実用化

トマトサビダニの土着天敵トマトツメナシコハリダニの実用化

県名大阪府
研究機関名大阪府環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要海外からの侵入害虫であるトマトサビダニが省農薬の施設栽培トマトにおいて多発して問題となっており,その生物的防除資材の開発が望まれている。2000年に当センターおよび野菜茶業研究所が発見した土着天敵トマトツメナシコハリダニがトマトサビダニの生物的防除資材として有望であることが判明しており,その商品化に必要な大量生産技術と圃場での効果的な使用法を開発する。
研究分担食の安全研究部・防除土壌G
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150590
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat