栽培漁業技術開発事業(キジハタ)

栽培漁業技術開発事業(キジハタ)

県名大阪府
研究機関名大阪府環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜
年度2008
概要大阪湾奥部は生産性は高いが夏季を中心に底層は貧酸素化し、従来から栽培漁業の展開が難しい海域であった。しかし、近年の調査の結果、キジハタは環境の変化や汚濁にも強く、また人工護岸で生息することができ、高価格で取引されていることも分かってきた。また、同海域に種苗を放流したところ、移動も少なく、放流個体が漁獲されていることが判明した。今後、再捕率の向上と同海域での放流許容量等を推定していく。
研究分担水産研究部・海域調査G
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150626
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat