栽培漁業技術開発事業(ホシガレイ)

栽培漁業技術開発事業(ホシガレイ)

県名大阪府
研究機関名大阪府環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜
年度2008
概要昭和30年代まで大阪湾で漁獲されていたホシガレイ資源復活のために、平成14年度から種苗生産の技術開発、人工種苗の放流と親魚養成に着手した。その結果、毎年1万尾程度生産する技術の確立、養成していた親魚から人工授精させた卵による種苗生産に成功した。また、放流した人工種苗は、大阪湾で成長し、主に刺網や底びき網で漁獲されることが明らかになった。今後、安定的な種苗生産技術の開発や効果的な放流手法の開発を行っていく。
研究分担水産研究部・海域調査G
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150627
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat