水稲生育予測に基づく広域分散圃場の効率的農作業管理システムの開発

水稲生育予測に基づく広域分散圃場の効率的農作業管理システムの開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2008
概要目的:規模拡大による農地集積が引き起こす広域分散多数圃場を効率的に管理するためのシステムを開発する。、計画:メッシュ気候、GIS圃場管理データによる圃場ごとの生育予測システムの開発。集団営農システムと稲・麦・大豆不耕起栽培の融合による低コスト・省力圃場管理技術の実証、成果:きぬむすめ、ヒノヒカリの出穂期、成熟期のデータを採取してWEB水稲生育予測システムに組み込み、予測可能とした。不耕起栽培では初期生育が確保できれば高収量が得られる。作業計画・管理支援システムの導入には指導者の要請が不可欠である。
研究分担作物・経営機械部
予算区分県単(一部受託)
業績(1)集落営農組織の確立に対応した経営管理チェックリストの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150674
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat