近畿圏の花とみどりを創出する環境適応性に優れた花き苗の開発

近畿圏の花とみどりを創出する環境適応性に優れた花き苗の開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要消費者の望んでいる出荷後の品質と生育に優れた花壇苗の開発ならびに花壇苗の新たな用途開発を行い、需要の回復と需要拡大を図り、県内産地の振興に寄与する。、 (1)花壇苗の品質保持技術を組み合わせた出荷前複合処理により、小売り環境時での苗の萎れ、徒長等の品質低下を防止でき、その後(定植後)の生育促進が可能となることが明らかになり、その効果はパンジーをはじめ10品目以上の花壇苗で確認した。、 (2)花壇苗16品目について、出荷後の外観の品質低下様相と定植後の生育および消費者の嗜好アンケート調査結果を総合した品質基準を策定し、啓発用ポスターを作成した。、 (3)環境適応性付与苗は、ポリポットがなく環境にやさしい、土が固まっていて崩れない、植え付け後の生育が早い効果がみられた。また、今後の購入意向は強く、3〜4割程度価格を高く販売することが可能であった。、 (4)環境適応性付与苗を園芸専門店、ホームセンター、都市部の生花店において実際に販売し、得られた消費者の購買反応や販売員の評価をもとに、小売店の業態に応じた価格設定、宣伝方法などの販売モデルを策定した。
研究分担栽培部
予算区分国庫補助、(農林水産省)
業績(1)塩化ナトリウムを添加した液肥処理がパンジーの生育に及ぼす影響
(2)定植前の塩化ナトリウムを添加した液肥処理がパンジーのその後の生育に及ぼす影響
(3)塩化ナトリウムを添加した液肥の植え付け前の施用が花壇苗のその後の生育に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150894
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat