養水分制御とGIS解析による高糖度モモの安定生産

養水分制御とGIS解析による高糖度モモの安定生産

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2008
概要(1)高糖度モモ安定生産、・窒素・水・光の診断基準値と簡易診断技術、・マルチ栽培における水分管理指標、・草生栽培における窒素施肥技術、・園地診断カルテによる生産者自身の園地診 断、・高糖度モモ生産マニュアルの作成、(2)GIS解析による高糖度モモ生産適地の判定、[結果]、(1)樹冠内の相対照度が高い園地で高糖度モモが生産され、樹冠中央(主幹下地上高1m)の相対照度と糖度の相関係数がr=0.61(n=34、6月下旬)、r=0.64(n=40、8月上旬)であった。、(2)収穫後の葉中窒素は、高糖度園で低かった。、(3)水分ストレスがかかる状態は、葉水分ポテンシャルで-1.2〜-1.5MPa、気孔伝導度で100mmol/m2s程度であった。、(4)和山県土壌図のGISデータ化を図った。JA紀の里においてGISシステムにPDAを連携させた営農指導を開始した。
研究分担環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150907
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat