優良園芸品種の育成と種苗増殖技術

優良園芸品種の育成と種苗増殖技術

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター暖地園芸センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2008
概要[目的]本県特産花き・野菜等のオリジナル品種の育成と優良種苗の安定供給技術を開発する。、[成果]、(1)スターチスでは早生赤紫系の「紀州ファインルビー」と白色系の「紀州ファインパール」が品種登録出願公表となった。、(2)センリョウでは、実落ちの少ない5系統選抜した。、(3)スイートピーでは花色がクリーム色の「ピュアクリーム」が品種登録となった。、(4)センリョウでは、2年生枝を用いて2節挿しすることにより従来よりも増殖率が向上した。、(5)実エンドウでは、短節間の2系統を選抜した。また、「きしゅううすい」の原々種4Lを配布した。、(6)シシトウガラシでは、「紀州ししとう1号」よりも多収で秀品率が高いF1系統を選抜した。、(5)イチゴ4品種の無病苗、145株を県イチゴ生産組合連合会に配布した。、、
研究分担育種部
予算区分県単
業績(1)スイートピー新品種「ピュアクリーム」の育成経過と特性
(2)センリョウの挿し木における効率的な挿し木時期および水分管理法、挿し穂調整法の解明
(3)スターチス・シヌアータの新品種‘紀州ファインルビー’および‘紀州ファインパール’の育成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150924
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat