ダム湖水を利用したアユ資源の増大・安定化技術の確立

ダム湖水を利用したアユ資源の増大・安定化技術の確立

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センタ−水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜25
年度2008
概要目的:アユの河川回帰率を向上させるためのダム放水方法を検討する。、期待される成果:アユの資源変動メカニズムを解明することにより、遡上量及び海産稚鮎採捕量の高精度な予測が可能となり、アユの河川回帰率を向上させるためのダム放水方法確立することで、アユ資源の増大・安定化が図れる。
研究分担内水面試験地
予算区分受託(財団)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030150968
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat