大山赤ぶたブランド化促進試験

大山赤ぶたブランド化促進試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林水産部農林総合研究所 中小家畜試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継19〜20
年度2008
概要目的:本県で造成中のデュロック種に更なる付加価値をつけるため、くず芋やくず米を飼料として給与し、美味しい豚肉の生産技術を確立する。 成果:くず芋、くず米を給与した結果、肉質が柔らかくなり、旨み成分であるオレイン酸の割合が増加した。オレイン酸割合:試験区47.6% 対照区45.7%
研究分担養豚研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151041
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat