ニホンザルの保護管理と被害回避技術の確立

ニホンザルの保護管理と被害回避技術の確立

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜20
年度2008
概要目的:ニホンザルによる農林作物被害を軽減するため、新たな安価な防護柵を開発・実証する。 また、県下のニホンザルの群れ数・生息数を把握して、「特定鳥獣保護管理計画」策定の基礎資料とする。 、計画:(1)個体数、生息環境調査、(2)農林作物被害、侵入方法の解析、 (3)捕獲数調査、捕獲実態調査、期待される成果:(1)群れの分布と個体数の推移、(2)新たな侵入防止柵の効果実証、(3)捕獲による被害軽減効果の検証 
研究分担鳥獣対策グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030151228
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat